神戸・明石パーソナルジムPITIN代表ブログ〜選択理論心理学〜

query_builder 2020/09/09
ブログ
PIT IN

皆様、こんにちは。
神戸・明石パーソナルジムPITIN代表の梶田です。

「雨が降っているので気分が落ち込んだ」


皆様、この言葉を聞いてどう思いますか?

「確かに!」「わかる、わかる!」
と思う方もいると思います。


しかし、私にはこの文にすごく違和感を感じます。

なぜかというと、感情(落ち込み)を選択しているのは自分自身だからです。

つまり雨のせいで、気分が落ち込んでいるのではなく、雨が降ったという情報を元に、自ら落ち込みを選択しているということです。
感情は自らコントロールすることができます。

この考え方は、「選択理論心理学」と言って、1996年にアメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士が提唱した最新の心理学にあります。

選択理論心理学の中に「全行動」という考え方があり、人間の行動を「思考・行為・感情・生理反応」という4つの概念で説明しています。

そして、「思考と行為」は直接コントロールでき、「感情と生理反応」は直接コントロールできないが、間接的にコントロールすることができるとグラッサー博士は言っています。

例えば、
・キリンを想像してください。
→これは簡単にできると思います。思考をコントロールすることで、首の長いキリンをイメージできたと思います。

次に、
・右手をあげてください。
→こちらも簡単ですね!右手を上げるという行為を選択できます。

続いて、
・怒ってください。
→できましたか?なかなかすぐにはできないと思います。しかし、過去にイライラしたことを思い出すことで、怒りの感情を引き出すことができると思います。つまり、過去の記憶を思い出す(思考をコントロールする)ことで、感情を間接的にコントロールできます。

最後に、
・心拍数をあげてください。
→こちらも直接心拍数を上げることは難しいですね。しかし、過去の恐怖体験を思い出したり(思考のコントロール)、全力疾走(行為をコントロール)することで、心拍数(生理反応)を間接的にコントロールすることができます。


いかがでしたでしょうか?
全行動と呼ばれる「思考・行為・感情・生理反応」を自らコントロールできるということが実感できたのではないでしょうか。


最初の話に戻りますが、
「雨が降った」という事実に対して、「落ち込み」を自ら選択しても雨が止むわけではなく、何のメリットもありません。

コントロールできることが分かったなら、ぜひポジティブな感情に切り替えてみましょう!
「前に買った新しい傘を使おう!」
「雨の日セールをやっているお店はないかな?」
「暑さが少しマシになるな!」

こう考えることで、雨もポジティブな感情に変えることができますね!

今回は「雨」を例にしましたが、どんな状況でも「全行動」と呼ばれる「思考・行為・感情・生理反応」は直接的、または間接的にコントロールすることができます。

何度もいいますが、落ち込んでもなんのメリットもありません。それだったら自ら落ち込まない選択をしましょう!

どんな状況でも肯定的に捉えられるようになることで、ダイエットや体作りなどいろいろな面でより良い成果が出るようになります!

ぜひ選択理論心理学を学んで、健全な人間関係の構築、メンタルコントロールを行って参りましょう!

店舗名:PIT IN
電話番号:078ー915ー7540
住所:兵庫県明石市大久保町駅前1ー11ー8水田ビル2F 
アクセス:JR大久保駅北口から徒歩1分
営業時間:8:00~22:00*予約状況により変動
定休日:日曜日

NEW

  • 神戸・明石パーソナルジムPITIN代表ブログ〜お客様の変化〜

    query_builder 2020/09/29
  • 神戸・明石パーソナルジムPITIN代表ブログ〜今日からバルクアップ〜

    query_builder 2020/09/28
  • 神戸・明石パーソナルジムPITIN代表ブログ〜目的の力〜

    query_builder 2020/09/29
  • 『PITINトレーナーちゃんねる』YouTube再開してます!

    query_builder 2020/09/28
  • 神戸・明石パーソナルジムPITIN代表ブログ〜雨の日は酸素カプセル〜

    query_builder 2020/09/25

CATEGORY

ARCHIVE